豊島区目白の精神科・心療内科「目白メンタルクリニック」各種保険取扱い / 自立支援 / 生活保護

池袋、高田馬場、新宿からも通いやすい
豊島区・目白の精神科・心療内科『目白メンタルクリニック』

目白メンタルクリニックの電話番号
躁うつ病(双極性障害)

躁うつ病(双極性障害)

躁うつ病(双極性障害)

 気分に波があり、‘躁’と‘うつ’を繰り返す病気と理解してよいです。

躁の症状は以下のようなものがあります

  • ・活動性が増加する
    ・気分が高ぶる
    ・睡眠欲求が減少する
    ・お喋りになる
  • ・話が飛びやすくなる
    ・自尊感情が肥大し、自信にあふれる
    ・注意が散漫になる
    ・怒りっぽくなる

*躁には程度が軽い‘軽躁’もあり、‘軽躁’は本人は気分が良いので自覚していないことがあります。

うつの症状は以下のようなものがあります

  • ・悲しい気分が強くなる
    ・エネルギーがなくなる
    ・集中が困難になる
    ・ネガティブ思考が顕著になる
  • ・睡眠障害(朝に早く目が覚めるパタンが多いが、逆に過眠となってベッドから出てこられないパタンもある)
    ・興味を喪失し、これまで楽しんでいたことも楽しめない

    ・食欲不振

 うつ病と躁うつ病は別の病気で、治療に使われる薬が違います。うつ病は‘うつ’のみであり、一度でも‘(軽)躁’になったことがあればそれは躁うつ病です。軽躁が見落とされ、うつ病と誤診されているケースがあります。うつの症状は躁うつ病もうつ病も非常によく似ており、区別するのは困難です。

うつ症状をかかえる方の心の支え
 なお、仮にあなたがひどく気分が沈み、上記のうつの症状のいくつもが同時に当てはまり、そして自殺したいと思うようになっているのであれば、今すぐに精神科に電話して相談して下さい。

あなたが取り返しのつかないことをして後悔する前に、この苦しい状況を支えてくれる人が見つかるはずです。


 躁うつ病(双極性障害)の治療は薬物療法がメインとなり、長期にわたる服薬が必要となります(薬を止めると症状がぶりかえす方が殆どです)。当クリニックでは躁うつ病(双極性障害)の心理教育(疾患教育)プログラムを用意しています(保険診療ですが、初回のみ予約金をいただきます)。心理教育(疾患教育)プログラムはご家族の方も受けることができます。


■躁うつ病(双極性障害)の心理教育(疾患教育)プログラムは30分×3回程度で、カリキュラムの例は以下です
・躁と軽躁の症状
・軽躁と幸福感の違い
・重症度別の躁状態
・うつの症状
・重症度別のうつ状態
・チャートを作ろう
・原因
・有病率
・遺伝性について
・治療内容について
・薬を止めたらどうなるか
・薬を止めないための工夫
・民間療法はすすめられない
・前駆兆候、早期症状を理解し、対応行動リストを作ろう
・状態悪化時の対応
・睡眠衛生について
・旅行について
・物質乱用・依存
・カフェインはどうしたらよいか